J2京都サンガFCが、J2徳島のオランダ人DFヨルディ・バイス(30)を完全移籍で獲得することが19日、関係者への取材で分かった。


 バイスは186センチ、85キロで、主にセンターバックでプレー。対人の強さと正確なパスを併せ持つ。年代別オランダ代表の経験もある。オランダやオーストラリアリーグでプレーし、2018年にJ2長崎に加入。今季は徳島に期限付き移籍し、リーグ37試合出場7得点で、J1入れ替え戦まで進んだチームの守備の要となった。
 また、J1浦和の元日本代表DF森脇良太(33)が完全移籍で加入し、MF小屋松知哉(24)がJ1鳥栖に完全移籍することも発表された。森脇は「新しいスタジアムのお披露目の年に、サンガのため戦えることにワクワクが止まりません」とコメント。小屋松は「大好きな京都を離れるのはとても悩んだが、より成長するために決断した。温かい応援でサポートして頂き、ありがとうございました」と談話を出した。