京都アニメーション第1スタジオ発生当日の状況

京都アニメーション第1スタジオ発生当日の状況

京アニ放火事件の煙や燃焼ガスの広がり

京アニ放火事件の煙や燃焼ガスの広がり

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、総務省消防庁による火災シミュレーションの検証結果が19日、明らかになった。出火60秒後には3階建ての建物の2、3階のフロアに煙と高温の燃焼ガスが充満し、120秒後には建物内全体が、人間が耐えられないほどの高温となって避難不可能な状態になったとしている。


 短時間で建物内に広がった煙や熱で、らせん階段や屋内階段といった避難経路が次々と断たれた様子が浮かび上がった。
 検証によると、火元に近い吹き抜けのらせん階段は火炎と煙で出火10秒後には避難経路として使えなくなった。30秒後には屋内階段にも高濃度の煙が充満して視界が遮られ、3階から下の階に下りることが難しくなった。
 60秒後には煙とともに100~300度の燃焼ガスが2、3階のフロアを満たした。行動することが困難な上、屋内にとどまることさえ難しい状態だったとみられる。
 塔屋の屋上扉に続く階段付近には20人が折り重なるように亡くなっていたが、この箇所は90秒後に煙が充満していた。120秒後には建物全体に燃焼ガスが充満し、避難が不可能となる高温にさらされたという。
 事件は7月18日午前10時半ごろに発生。青葉真司容疑者(41)=殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕状=が1階のらせん階段付近に持ち込んだガソリンをまいてライターで放火したとされる。
 出火当時、1階に12人、2階に31人、3階に27人の社員がいた。建物内の20~60代の男女計69人が死傷した。