大みそかのライトアップに備え試験点灯された青岸渡寺の三重塔と熊野那智大社の「那智の滝」=19日、和歌山県那智勝浦町

 大みそかのライトアップに備え試験点灯された青岸渡寺の三重塔と熊野那智大社の「那智の滝」=19日、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社のご神体「那智の滝」と青岸渡寺の三重塔で19日、大みそかのライトアップに備え試験点灯があった。水銀灯が日没に合わせともされると、三重塔が朱色の姿を見せ、後方に那智の滝が青白く浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれた。

 本番では、31日夕方から元日の夜明けまで照らされ、初詣客を迎える。1989年から続いている恒例行事。

 熊野那智大社では27日、滝の上にかかるしめ縄を張り替え、迎春準備を整える。