丹後魚っ知館にお目見えしたダイオウイカに見入る来館者たち(京都府宮津市小田宿野)

丹後魚っ知館にお目見えしたダイオウイカに見入る来館者たち(京都府宮津市小田宿野)

 深海生物のダイオウイカが20日、京都府宮津市小田宿野の水族館「丹後魚っ知館」に初めてお目見えした。来館者たちは世界最大級の無脊椎動物に興味深そうに見入っている。


 同館によると、ダイオウイカは発見例が少なく、生態について不明な点が多い。展示しているダイオウイカは17日、伊根町沖の定置網にかかった全長約4メートル、体重約100キロ。直径1ミリほどの卵とみられるものが確認できたことからメスと考えられるという。
 飼育係の原口哲史さん(36)は「水族館の飼育員でもなかなか見ることができない生物。大きさを体感してほしい」と話している。22日まで。要入館料。