政治資金パーティーの運営見直しなどについて説明する大岡敏孝衆院議員(11月17日、大津市内)

政治資金パーティーの運営見直しなどについて説明する大岡敏孝衆院議員(11月17日、大津市内)

 自民党の大岡敏孝衆院議員(47)=滋賀1区=が、11月の政治資金パーティーで有権者に無料で飲食を提供した問題で、市民有志72人が20日、公選法違反(寄付の禁止)の疑いで、大岡氏に対する告発状を大津地検に提出した。

 告発状によると、大岡氏は11月4日、後援会代表として大津市内でパーティーを会費一口1万円で開催。来賓として招待した学区自治連合会長ら34人に無料で料理や酒を提供した、としている。

 告発人らが記者会見し、玉木昌美代理人弁護士は「買収に近い行為で、正当化できる理由はない」と指摘。告発人代表の中川哲也さん(62)=大津市=は「大岡氏の行為は見過ごせず、市民は何を信じればいいか分からなくなる」と述べた。大津地検は「担当検事を決めてから受理について連絡する」と回答した、という。

 大岡氏は「既に来賓で食事をした自治連合会長らからは会費をいただいており、疑念は解消している。来年以降は全ての来賓を廃止する」とコメントした。