「ED314」(右)の保存を祝う関係者(滋賀県東近江市八日市・近江酒造)

「ED314」(右)の保存を祝う関係者(滋賀県東近江市八日市・近江酒造)

 びわこ学院大(滋賀県東近江市)の学生らがクラウドファンディング(CF)で資金を集め、保存が決まった電気機関車「ED314」の公開式典が21日、同市八日市の近江酒造で開かれた。貴重な国産最古級の色あせた車両が披露され、関係者約100人が後世に残していくことを誓った。


 「ED314」は1923年に国内で製造された電気機関車。近江鉄道が2004年まで貨物列車や工事用車両をけん引する車両として使用していた。
 2017年12月に近江鉄道が解体方針を示したため、同大学の学生ら約20人が任意団体「近江鉄道ED314保存活用プロジェクト」を今年1月に結成し、10月からCFを通して保存のための資金を募っていた。
 2カ月間で目標を上回る580万円が集まり、同団体が今月11日に車両を譲り受けた。近江鉄道とゆかりが深い同酒造に敷地内で保存してもらい、今後、定期的に一般公開することを検討している。
 式典では、代表の逄軍教授が「過去の遺産を次世代に継承するスタート地点に立てた」とあいさつ。同大学4年の藤村翔太さんは「多くの人に歴史や魅力を知ってもらえるよう、さまざまな取り組みをしていきたい」と意気込んだ。同団体は今後、車両を塗装するイベントなどを予定している。