一斉にスタートする男子の選手たち(22日午後0時30分、たけびしスタジアム京都)

一斉にスタートする男子の選手たち(22日午後0時30分、たけびしスタジアム京都)

 男子第70回、女子第31回の全国高校駅伝が22日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着するコースで行われ、女子(5区間21・0975キロ)で立命館宇治が1時間9分4秒で7位に入った。男子(7区間42・195キロ)は洛南が2時間3分25秒で11位だった。2区の佐藤圭汰、7区の小牧波亜斗が区間賞を獲得した。

 滋賀勢は女子の比叡山が1時間12分3秒で23位、男子の滋賀学園が2時間5分51秒で25位だった。

 仙台育英(宮城)が2015年の世羅(広島)以来となる男女優勝を果たした。男子は12年ぶり8度目、女子は2年ぶり4度目の頂点。