サンタクロースの衣装で滑走するスキーヤーやスノーボーダー(滋賀県高島市今津町日置前・箱館山スキー場)

サンタクロースの衣装で滑走するスキーヤーやスノーボーダー(滋賀県高島市今津町日置前・箱館山スキー場)

 クリスマスが目前に迫った22日、スキーヤーやスノーボーダーがサンタクロースの衣装でゲレンデを滑走するイベントが、滋賀県高島市今津町日置前の箱館山スキー場であった。


 2015年から毎年行われている。同スキー場が今年もホームページや会員制交流サイト(SNS)で呼び掛けたところ、この日、愛好家や家族連れら約30人が集まった。13日にオープンした同スキー場は、暖冬の影響もあってか、本格的な降雪はないという。このため、人工雪を24時間態勢で造っている。
 参加者たちは全長約300メートル、幅約20メートル、高低差約50メートルの人工雪ゲレンデを勢いよく滑走した。雪の白さを背景に真っ赤な衣装の集団が映え、華やかなクリスマスムードを演出していた。
 大阪府吹田市から父親と参加した小学2年の男子児童(8)は、集団トップでスノーボードを巧みに操る滑りを見せ、「緊張したけど、気持ちよかった」と喜んでいた。