このほど出版した「A級戦犯者の遺言」を手にする青木さん(名古屋市・同朋大)

このほど出版した「A級戦犯者の遺言」を手にする青木さん(名古屋市・同朋大)

花山氏と出会い仏教への関心を高めていった東条英機(国立国会図書館蔵)

花山氏と出会い仏教への関心を高めていった東条英機(国立国会図書館蔵)

 「誰も知っていない東条さんの最期がどうであったかということを申し上げたい」。戦後直後の東京裁判で絞首刑となった東条英機らA級戦犯の教(きょう)誨(かい)師を務めた僧侶の講演録を、京都市の出版社が発行した。1948年12月23日、絞首刑執行日の東条らA級戦犯の様子やその2日前の執行宣告日の模様が教誨師の立場で語られている。

 教誨師は浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、下京区)の僧侶で東大教授だった故花山信勝氏(1898~1995年)。花山氏は46~49年まで、東京にあった巣鴨プリズンで宗教者として戦犯に仏教を説き面接する教誨師を務めた。A級戦犯の絞首刑に立ち会った唯一の日本人だった。

 当初、花山氏はA級やB、C級の戦犯たち数十人と法要を営み、法話を行うことが多かった。次第に市民の支援を仰ぎながら仏教書や念珠の差し入れを行い、絞首刑判決を受けたB、C級戦犯との面談を行っていた。

 花山氏が東条と個別に面談を始めたのは、東京裁判でA級戦犯らに絞首刑などの判決が言い渡された後の48年11月18日。このほど出版された講演録「A級戦犯者の遺言」では同月26日の2回目の面談記録から収録されている。

 東条は「今後、科学が進歩してどのように世界が変わってくるか知らないが、すでに三千年も昔のお経に書いてある」と話したとし、獄中で東条が仏教書を通じて仏教に関心を高めていた様子が浮かぶ。

 同年12月2日の4回目の面談でも東条は「真っ先に政治家が大無量寿経を読まねばならない」「巣鴨プリズンに入って初めて人生という問題について静かに考える余裕ができた」と述べていた。

 また面会日は不明なものの、東条が戦犯として逮捕される直前、拳銃自殺を図り命を取り留めた経緯について花山氏は真意を尋ねている。東条は「自分が作った戦陣訓の中で軍人は敵の捕虜になってはならん。潔く自決せよと教えた。それを実行したまで」と語ったという。