塚本康浩教授

塚本康浩教授

 京都府立大は23日までに、新しい学長に生命環境科学研究科長の塚本康浩教授(50)を内定した。同大学の学部長や外部委員らでつくる学長選考会議が選んだ。金田章裕・公立大学法人理事長が任命する。任期は来年4月1日から3年。
 塚本教授は大阪府立大農学部卒。同大学講師や准教授などを経て2008年4月から京都府立大教授、18年4月から現職。専門は動物衛生学。ダチョウの免疫学や腫瘍生物学を研究している。