京くみひもと京友禅のメダルリボンを披露する山中教授(右)と中村さん=京都市中京区・市役所

京くみひもと京友禅のメダルリボンを披露する山中教授(右)と中村さん=京都市中京区・市役所

 来年2月16日に開催される京都マラソンの応援大使による記者会見が23日、京都市中京区の市役所であった。応援大使を務める山中伸弥京都大教授(57)と女優の中村静香さん(31)=宇治市出身=が「大会を盛り上げたい」と抱負を述べた。


 7回目の出場となる山中教授は「いつも沿道の熱い応援に支えられている。他のランナーと声を掛け合って楽しみたい」と語った。フルマラソン完走の経験がある中村さんは今大会、応援する側になり「ランナーの背中を押せる声援を送りたい」と意気込んだ。
 今大会の新企画として、完走者メダルのリボンが京都の季節の移ろいを表現した京友禅柄に新調された。男子と車いす、女子の各部門の1~3位のランナーを表彰する京くみひもと京友禅のメダルリボンも披露された。