松宮さん宅で開花した白い皇帝ダリア(滋賀県彦根市西今町)

松宮さん宅で開花した白い皇帝ダリア(滋賀県彦根市西今町)

 変異種の白い皇帝ダリアが、滋賀県彦根市西今町の松宮臣道さん(78)宅で開花した。家庭栽培で育つのは珍しいという。従来のピンク色の品種に比べて寒さに弱いが、今冬の暖かさで多くの花をつけ、近隣住民を楽しませている。


 茎の高さ約3メートル、花の直径5~6センチ。八重咲きのかれんな花を10輪以上咲かせたほか、周囲に複数のつぼみをつけている。
 松宮さんは6年前に水生植物公園みずの森(草津市)で購入した白い花の球根を植え、昨年初めて1輪が開花。今年は、今月10日ごろから次々と咲き、横で育てているピンク色の花と対称的な美しさを見せている。
 松宮さんは「こんなに多くの花が咲くとは思わず、驚いている。本格的に寒くなる前に多くの方に見ていただきたい」と話す。