大会に向けて練習に励む光泉高の選手(同高)

大会に向けて練習に励む光泉高の選手(同高)

 27日に全国高校ラグビー大会が花園ラグビー場で開幕する。滋賀の光泉高は3大会ぶりの花園に挑む。初戦はFWに高校日本代表候補がいる本郷(東京第2)と28日に対戦する。薬師寺監督は「(本郷は)チームの完成度が高い。最後までしっかりプレーするフィットネスが鍵を握る」と見据える。
 光泉の武器はスピードに乗った攻撃力。縦への突破が光るCTB三宅や森寛をはじめ、FWの森大や妹尾も走力がある。陸上の基礎動作の動きも取り入れ、スピードを高めながら体を大きくするトレーニングに取り組んできた。三宅は「本郷は組織的な守りをしてくる。自分の突破で流れを引き寄せたい」と闘志を燃やす。
 全員が花園は初出場だが、京都成章や京都工学院、天理など近畿の強豪と練習試合を重ねて経験を積んできた。主将の森大は「チームの雰囲気は日に日に高まっている」と自信をのぞかせる。