京都アニメーション放火殺人事件を巡り、マスコミの取材姿勢に批判が巻き起こった(8月18日、京都市伏見区)

京都アニメーション放火殺人事件を巡り、マスコミの取材姿勢に批判が巻き起こった(8月18日、京都市伏見区)

 7月に起きた京都アニメーション(京アニ)放火殺人事件では、惨劇から間もない時期に遺族を取材する記者たちに対しインターネット上を中心に批判が広がった。事件を取材しながら「こうした批判をどう受け止めればよいのか」という疑問が私の中で日増しに大きくなった。ツイッターなどの普及で社会に潜在していたマスコミ不信が可視化されるようになった今、記者の姿勢が問われている。

 「そっとしておいてほしいという遺族の気持ちを踏みにじるのか」。京アニ事件の取材を巡って、ツイッター上ではこのような言葉があふれた。私自身、取材拒否の意向を示した相手から無理に話を聞こうとしたことはなかったが、取材に応じてくれた遺族も、最愛の家族を失った悲しみを言葉にする苦しさを口にした。取材という行為には、相手に負担を強いる「暴力性」がつきまとう。

 「遺族の痛みを真摯(しんし)に受け止めながら、報道に努めます」。京アニ事件の犠牲者35人の実名を報じた8月28日の本紙朝刊に載った京都新聞社としての見解の一部だ。読者に納得してもらえたかと問われれば自信はない。全体で200字に満たない短い文章では、報道する側の真意は十分に伝わらなかったと思う。

 これまで別の事件や事故で、家族を襲った惨劇の理不尽さを訴えたいという遺族に出会ってきた。社会に伝えたいことのある遺族の声を取りこぼさないために、京アニ事件でも遺族に接触する必要はあると私は考えている。

 そうした「取材の論理」が正当かは別としても、これまでしっかり読者へ伝えられてこなかったのは事実だろう。そのつけが回って昨今のマスコミ不信につながった面は否定できない。

 そんな問題意識から11月18~24日、京アニ事件の被害者取材を検証した連載「記者の葛藤」を掲載した。取材班に入っていた私と先輩記者の2人で、取材班のほかのメンバー9人にインタビューして各記者の行動と考えをたどった。「相手を傷つけていないか」とためらいながら京アニ事件の遺族を取材した記者、メディアスクラムを避けるため報道各社と結んだ取り決め。さまざまな角度で取材過程を記事にした。

 連載への感想をネットで探すと「記者も苦悩している、みたいなまとめはやめて」といったツイートを見つけた。確かに記者が葛藤したとしても、遺族に負担を強いてよい理由にはならない。耳が痛かった。

 「遺族の言葉は、事件の理不尽さを伝える上で何より強い力を持つ」。京アニ事件取材班で共有した方針だ。この方針が遺族取材をする理由として読者に納得してもらえるかは分からない。

 だが自分たちの姿勢を省みるには、まず取材する側の考えを伝えた上で、批判に耳を傾ける必要がある。批判を恐れて沈黙しては本末転倒だ。もちろん記者によっても価値観は違う。それぞれのやり方で、読者に考えを伝えることが求められていると感じる。