あぁ大掃除しなければと思いつつ、ずるずると日延べしている、わが年の瀬だ。ところが、作家の故幸田文さんは<そんなふうになおざりにしがちなのに…