甲府からサンガに移籍するびわこ成蹊スポーツ大出のMF曽根田穣

甲府からサンガに移籍するびわこ成蹊スポーツ大出のMF曽根田穣

 J2京都サンガFCがJ2甲府のMF曽根田穣(ゆたか)(25)を完全移籍で獲得することが25日、関係者への取材で分かった。

 曽根田は愛媛県出身で171センチ、69キロ。びわこ成蹊スポーツ大を経て、2017年に当時J1だった甲府に加入。主に2列目でプレーし、豊富な運動量と鋭いドリブルを武器とする。通算出場はJ1で3試合0得点、J2で50試合10得点。今季は30試合に出場し、6得点を挙げた。

 J3讃岐に期限付き移籍中のDF麻田将吾(21)がサンガに復帰することも明らかになった。186センチ、77キロのセンターバックで、サンガU―18を経て17年にトップチームに昇格し、18年から讃岐でプレーしていた。

 またJ2に降格する磐田のMF荒木大吾(25)の加入と、GK菅野孝憲(35)が期限付き移籍中のJ1札幌に完全移籍することが発表された。荒木は「覚悟を持って移籍してきた。全力で頑張る」とコメント。菅野は「どのような状況でも声援をくださった方々に感謝しかない」と談話を発表した。