県内のご当地キャラクターらと防犯標語を掲載したトレーディングカード

県内のご当地キャラクターらと防犯標語を掲載したトレーディングカード

 滋賀県警は、県内各地のご当地キャラクターをあしらった「防犯トレーディングカード」の第2弾を制作した。初めて作った昨年のカードが人気で、標語と写真を刷新して種類を増やした。
 防犯グッズを子どもや保護者の手元に置いてもらえるように、県防犯協会の協力で制作。昨年の14種類から漏れた市町からの要望を受け、今年は22種類各千枚を用意した。
 表面はポーズを決めるキャラクターで、2年連続の登場となるひこにゃんやおおつ光ルくんなどは新しい写真を使った。裏面に警察官らが考案した「親思う 日頃の連絡 詐欺防止」「地域の目 子どもを守る 抑止力」などの標語を掲載。キャラクターのプロフィル、県警や防犯協会、市町のホームページにつながるQRコードも添える。
 各警察署で行う啓発活動や防犯教室などで配布している。県警は「カードをきっかけに家族で防犯を話題にしてほしい」としている。