鋭く前を見つける桐生選手のポスター

鋭く前を見つける桐生選手のポスター

 特殊詐欺犯を超スピードで逮捕するー。滋賀県警などは、陸上短距離の桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-東洋大出、彦根市出身)を起用した防犯ポスターを作成した。

 桐生選手は県警の安心安全大使を務めており、県警と県大型小売店防犯・暴力等排除対策協議会が500枚を作成、県内の商業施設や警察署に掲示する。
 ポスターは縦78センチ、横51センチ。スタート姿勢で前を鋭く見つめる桐生選手の写真に、「待て!犯人」などと書かれている。
 県警生活安全企画課は「どんな犯罪者も逃げられない」と胸を張り、「ポスターを見かけたら家庭で話題にして特殊詐欺を防いで」と呼び掛けている。
 県内の特殊詐欺は昨年1~11月で91件発生し、被害額は約2億200万円。いずれも前年同期から減少している。