苦手な食べ物の話をすると、これが結構面白く、「桃がダメ。人目を盗んで、もいでかぶりついたら中が真っ黒でね。よく見ると、無数のアリがうようよ出てきて口の中がアリ地獄に」「鶏肉ですね。幼い頃、裏庭で父が鶏をつぶしてたら誤って手を離してしまい、首なし鶏がこっちに勢いよく走ってくる光景が忘れられなくて」。切実とはいえ腹を抱えて笑ってしまいます。

 私も強いて言えばワゴンで運ばれてくる絶品点心はおなかがすぐに膨れて1個で満足。おいしい担々麺も濃厚なスープをすすっただけで、食いしん坊の私も満腹中枢がまひしてしまうのかお箸が進まなくなるのです。蒸し立ての点心がうようよ動いたり、熱い担々麺が勢いよく飛びかかってくるわけではありませんが、程度が違えど人それぞれ苦手なものがあるんですね。ちょっとでも克服できるレシピをと日々食材に向き合っています。今年もよろしくお付き合いください。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan