長岡京市観光協会のホームページに開設された「おもてなし店舗」の特設ページ

長岡京市観光協会のホームページに開設された「おもてなし店舗」の特設ページ

 京都府の長岡京市観光協会は、大河ドラマの放送を機に同市を訪れる観光客らに推奨の飲食店や土産物などを紹介する特設ページ「おもてなし店舗」を協会のホームページに設けた。新たに開発した料理や菓子などを扱う店舗をそろえている。
 同協会によると、観光客からの問い合わせで上位を占めるのはランチやカフェ、土産物の情報という。こうした要望に応えて観光客増加への機運を盛り上げようと、同協会や市商工会の未加入者などを含め、特設ページに掲示希望の店舗を募ったところ、45店舗の応募があった。
 おもてなし店舗には、特産のタケノコを使用した姿ずしやつくだ煮、和・洋菓子、ランチや定食、弁当、スイーツやパンをはじめ、ガラシャハイボールや日本酒、ガラシャ丼や山崎合戦をイメージした粉糖と卵白を混ぜて作るカラフルなアイシングクリームでデザインしたクッキーなどが紹介されている。
 おもてなし店舗は、ホームページトップの左サイドメニュー最上部に置いた。2021年3月末まで掲示し、随時更新する予定。掲示希望の店舗も募っている。