京セラは28日、シリコン製造大手、米ヘムロック・セミコンダクターと結んでいた太陽光発電パネル向けシリコンの長期購入契約を解消することで和解したと発表した。一時費用として511億円の損失を2019年3月期に計上する。今後は市場価格で原材料を調達できるため、ソーラー事業の収益性は改善する見通し。

 京セラは05~08年、太陽光発電パネルの原材料に使う多結晶シリコンの不足懸念から、一定量を固定価格で長期間買い取る契約をヘムロック社と締結した。だが、近年は供給量の拡大で市場取引価格が低下。この契約が京セラのソーラー事業の利益面で重荷となり、両社間で契約見直しの交渉や裁判所での係争が続いていた。

 今回の和解により、京セラが支出済みの前渡し金を放棄し、和解金も支払う。関連費用として511億円を計上するため、同社は4月に発表した19年3月期の連結業績予想も下方修正。税引前利益は1900億円から1350億円(前期比3・8%増)、純利益は1340億円から955億円(20・6%増)にそれぞれ引き下げた。