葵公園の再整備後のイメージ図

葵公園の再整備後のイメージ図

 京都府は来年1月から、鴨川と高野川が合流する鴨川デルタ北側の「葵公園」(京都市左京区)の再整備に着手する。住民らも交えて策定した整備計画に基づき、背の高い生け垣と生い茂る樹木に覆われて薄暗い状態を改め、2022年度までかけて利用しやすいようリニューアルする。


 工事ではまず、クロマツを中心に園内に192本ある中高木を82本伐採、5本を移植し、イベントが開催できるような芝生広場を整備する。公園を囲む生け垣は高さを40~70センチ低くして見通しを良くし、一部は腰掛けられる高さの石垣に改める。園路やトイレなども順次再整備していく。総事業費は約2億円。
 園内には明治-大正期の日本映画のスター、尾上松之助の胸像があるほか、公園の隣には国重要文化財の旧三井家下鴨別邸もある。かつて問題となった放置自転車はほぼ無くなっており、府京都土木事務所は「再整備を機に、観光の拠点の一つになれば」としている。