大みそかの昼間に開放される鐘楼と髙野さん(左端)=宮津市金屋谷・本妙寺

大みそかの昼間に開放される鐘楼と髙野さん(左端)=宮津市金屋谷・本妙寺

 大みそかの昼に、子どもたちに「除夜の鐘」を突く体験をしてもらおうと、京都府宮津市金屋谷の本妙寺は31日午後3~4時、鐘楼を開放する。参拝者は自由に鐘を突くことができる。

 住職の髙野賢義さん(36)は2~6歳の3児の父。子育てする中で夜間に子どもを連れて外出する難しさを実感し、幼い子どもを連れた親が気軽に訪れることができるよう、昨年から始めた。

 髙野さんは「親子で年末気分を味わってほしい。大みそかに鐘を突いたという思い出を作ってもらえたら」と話している。