京都サンガFCは29日、J1横浜Mの元日本代表FW李忠成(34)と、J1湘南のFW野田隆之介(31)が完全移籍で加入すると発表した。李は「J1昇格のため、ゴールやアシストを決めて貢献したい」、野田は「自分の持っている全てを出して頑張る」とコメントした。


 また、サンガU―18出身のMF島村拓弥(20)がJ1のC大阪に期限付き移籍することも発表。今季はロンドリーナEC(ブラジル)でプレーしていた。「試合に出場して成長し、サンガに戻れるように頑張る」とコメントした。
 G大阪からサンガに期限付き移籍中だったFW一美和成(22)は、来季J1の横浜FCに期限付き移籍する。「サンガでプレーして個人として成長できた。皆さまには感謝しかない」と談話を出した。