町産の大麦やホップを使い商品化したビールをPRする、佐賀県みやき町の末安伸之町長=10日、みやき町役場

 町産の大麦やホップを使い商品化したビールをPRする、佐賀県みやき町の末安伸之町長=10日、みやき町役場

 ふるさと納税の返礼品の基準を守らず、新制度から除外された佐賀県みやき町が、新たな地場産品として町産の大麦やホップを使ったビール2種類を商品化した。2020年7月には復帰に向けた再申請ができる見通しで、末安伸之町長は「自信作ができた。返礼品の主力にしたい」と意欲を見せている。

 商品はホップのさわやかさが特徴の「みやき燦燦」と、糖度の高いバナナの甘い香りが際立つ「みやき神バナナプレミアムエール」の2種類。町と連携協定を結んでいる化粧品会社「ディーエイチシー」(東京)が18年夏、静岡県の自社工場での町産ビール製造を提案し、町職員らが汗を流して実現した。