NPO法人「リボーン・京都」メンバーから洋裁を教わるラオスの女性たち(同法人提供)

NPO法人「リボーン・京都」メンバーから洋裁を教わるラオスの女性たち(同法人提供)

 途上国の女性が自立できるように洋裁を教えている京都市中京区のNPO法人「リボーン・京都」が発足40年を迎えた。日本の支援者から届く着物地を教材にしており、「職に結びつく技術指導を続けたい」と決意を新たにしている。

 1979年12月に誕生したカンボジア難民救援会婦人奉仕部が前身。これまでに同国やベトナム、イエメン、ラオス、ヨルダン、スリランカ、ルワンダに洋裁の専門家を派遣し、手縫いやミシンの使い方、製図などの技術を伝えてきた。
 活動期間は1~8年と幅広く、現地の訓練生は毎年20~60人。訓練後は縫製工場への就職はもちろん、開業したり講師になって後進を育てたりしている。
 着物は同法人がほどいて洗った上で現地に送る。訓練生らが型紙を基に1点ずつ丁寧に仕立てたワンピースやバッグを同法人が買い取り、国内外のバザーで販売。売り上げの一部を還元している。
 2020年はラオス南部のセポン市にある職業訓練校で支援に当たる。小玉昌代理事長(82)は「この40年はあっという間に過ぎた。手に職をつけると自信になるし、家庭が潤って子どもの教育にもつながる」と話す。