【資料写真】彦根地方気象台

【資料写真】彦根地方気象台

 彦根地方気象台は31日、滋賀県彦根市内で初雪を観測したと発表した。平年より18日遅く、昨年より22日遅い。大みそかの初雪観測は1962年以来という。


 この日は冬型の気圧配置で寒気が流入した影響で、午後6時半ごろにみぞれが降り出したのを気象台職員が確認した。
 一方、京都地方気象台によると同日午後11時現在、京都市内で初雪は観測されていない。年内に降らなかった場合、4年ぶりとなる。