任天堂は、個人が同社の著作物を取り上げた動画や画像をインターネット上に投稿する際のガイドラインを作り、29日公開した。プレーヤーが解説を加える「ゲーム実況」などの動画作品が人気を集める中、著作物利用のルールを整備し、各種サイトを通じて自社のゲーム機やソフトに触れる人口を広げる狙いだ。

 ガイドラインでは、個人がゲームの動画などをアップしても著作権侵害を主張しないとし、同社が指定する「ユーチューブ パートナープログラム」など複数のシステム上で投稿による広告収益を得ることも容認した。正式な発売やサービス開始後のゲームなどを対象とする。法人の投稿には適用しない。

 動画や画像を共有できるユーチューブ、ツイッター、ニコニコ動画といった有力サイトでは、ゲームのプレー映像のライブ配信や攻略法の解説動画などが人気を集めている。任天堂は、ルールの明文化により個人の投稿を促すことで、自社のゲームやキャラクターの魅力を浸透させ、ゲームファンの裾野拡大を図る。