扇形車庫から先頭部分を出して展示されている蒸気機関車(京都市下京区・京都鉄道博物館)

扇形車庫から先頭部分を出して展示されている蒸気機関車(京都市下京区・京都鉄道博物館)

 京都市下京区の京都鉄道博物館で、蒸気機関車(SL)が国重要文化財の扇形車庫から先頭部分を出す「SL頭出し展示」が行われている。国旗を掲げたSLがずらりと並び、家族連れや鉄道愛好家らが車両の間近で記念撮影を楽しんだ。


 同博物館前身の梅小路蒸気機関車館時代から続く正月伝統行事。同館が保管する23両のSLのうち、菊のご紋や鳳凰(ほうおう)の装飾を施した「お召し列車」仕様のC51形239号など、13両が車庫から5メートルほど前方に出されている。
 帰省先の福井県敦賀市から訪れたという会社員の男性(38)=熊本県菊陽町=は、機関車好きの長男(2)を抱っこしながら「これだけ並んだ姿にはびっくりした。正月の良い記念になりました」と話していた。6日まで。入館料が必要。