初競りが行われた新市場(京丹後市丹後町・間人地方卸売市場)

初競りが行われた新市場(京丹後市丹後町・間人地方卸売市場)

 京都府漁業協同組合の間人地方卸売市場(京都府京丹後市丹後町)で5日、初競りがあった。昨年末に完成した新市場での初市となり、関係者らが気持ちを新たにした。

 初市式で府漁協の村岡繁樹副組合長が、昨年はサワラやアジ、ブリなど定置網漁が好調で漁獲高が一昨年を大きく上回っていることを紹介し、新市場について「高品質、高鮮度な水産物の生産と流通の実現により産地魚価の底上げに期待する」とあいさつした。
 4日午後からのしけで休漁となった影響で魚の種類や量が少なかったが、年末から3日にかけて水揚げされたサザエやアワビなどが並んだ。「ご祝儀価格」との声も出るなど威勢のいい掛け声とともに競り落とされた。
 この日は、舞鶴市の府北部地方卸売市場、福知山市公設地方卸売市場でも初競りが行われた。