池坊専好次期家元の指導を受け、初生けに臨む門弟ら(5日午前、京都市中京区・華道家元池坊家元道場)

池坊専好次期家元の指導を受け、初生けに臨む門弟ら(5日午前、京都市中京区・華道家元池坊家元道場)

 新春を祝う華道家元池坊の「初生け式」が5日、京都市中京区の家元道場などであった。10歳から94歳まで全国の門弟約1500人が松やセンリョウ、ハボタンといった正月らしい花材を生け、一年の精進を誓った。

 家元道場では、雨が上がった午前8時すぎ、振り袖や羽織はかま姿の男女55人が隣接する六角堂に参拝後、一斉に生けた。花の姿を一つ一つ確かめ、丁寧に作品に仕上げていく様子を、池坊専好次期家元が声を掛けながら見て回った。
 最年少の小学4年林真紘さん(10)=福岡市=は「幸せ」をテーマにしたといい「緊張したけど達成感があった」とにこやかに話した。同じく最年少で、いけばなを始めて6年の同今村優紀さん(10)=東京都=は「新しい気持ちで生けた。今年はお花をいろいろなイメージで生けたい」と語った。
 池坊次期家元は白梅やクマザサで「光」と題して生けた。「十二支の最初の年であり、東京五輪・パラリンピックもある。それぞれの頑張りや努力が希望につながり、社会を輝かせるようにと期待を込めた」と語った。