各界の著名人たちを描いた人物画集

各界の著名人たちを描いた人物画集

土田直敏さん

土田直敏さん

 京都府福知山市出身の政治漫画家土田直敏さん(92)=神奈川県鎌倉市=が、自身が手掛けた人物画を一冊の画集にまとめた。創作活動の集大成として60年にわたる作品を網羅した。それぞれの時代に名を残した多士済々が並んでいる。

 土田さんは京都新聞記者として7年間勤務した後、フリーの漫画家に転身。1957年から共同通信の時事漫画を担当し、産経新聞では33年間で1万回を超える長期連載をこなすなど、マスコミ各社で筆を振るってきた。97年に産経新聞の連載を終えた後も、テレビや週刊誌、スポーツ紙などで似顔絵やイラストを提供してきた。
 画集には、歴代総理大臣や文学作家、アスリート、芸術家などさまざまなジャンルの102人をA4判の65ページにまとめた。スターリン没後のソ連を率いたフルシチョフ首相など各時代の政治家をはじめ、銀幕の大スター、オードリー・ヘプバーン、日本を代表する芸術家岡本太郎、昨年引退した元大リーガーのイチローなどを表情豊かに描く。
 締め切りを気にして絵を描くなど仕事の苦労は多かったが、名言などからアイデアを得て仕上げることにやりがいを感じていたという。「ひげや眼鏡など特徴があった方が描きやすい」と話す一方で、表情を的確に捉え、個性を引き出して内面を描くことにこだわった。
 土田さんは「国の指導者はたびたび変わったが、経済成長などもあって、平和でいい時代だった。漫画家として自由な発想で思い思いに作品を描いた」と60年間を振り返る。
 今後は風景画を中心に描いていくという。画集は福知山市立図書館中央館、大江分館などで閲覧できる。