長野の細田あい。全日本実業団駅伝では5区で区間2位だった(2019年11月、宮城県多賀城市)

長野の細田あい。全日本実業団駅伝では5区で区間2位だった(2019年11月、宮城県多賀城市)

 令和初となる皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝が12日、京都市内で開催される。47チームには今夏の東京五輪を見据える有力選手や期待の若手がエントリーした。チームの意気込みや特徴を紹介する。

■東海・北信越

 前回6位入賞の長野は、全日本実業団駅伝5区区間2位の細田あい(ダイハツ)や、全日本大学駅伝、全日本大学選抜駅伝で2年連続2冠を果たした名城大の和田有菜、小林成美ら地力のある選手がそろっている。玉城良二監督は「1、2区で食らいつき、3位以内を狙う」と意気込む。

 昨年優勝した愛知は、全日本実業団駅伝5区区間8位の川口桃佳(豊田自動織機)、全日本実業団対抗選手権で1500メートル4位の吉川侑美(ユニクロ)ら実業団勢が引っ張る。米田勝朗監督は「良い位置で中盤の高校生区間にたすきをつなぎたい」。
 静岡は全日本実業団駅伝で1区を走った萩原歩美、全日本実業団対抗選手権5000メートル4位の山本菜緒(いずれも豊田自動織機)が軸。全国高校駅伝を走った町碧海(常葉大菊川高)もいる。渋川努監督は「3区で先頭に立ちたい。過去最高の5位を目指す」と語る。
 石川は全日本大学駅伝1区区間賞の五島莉乃(中大)が存在感を放ち、猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)や全国中学駅伝2位の七尾中勢も好調。向田匡宏監督は「タイム、順位ともに昨年(30位)を上回る」と手応えを語る。富山は全国高校駅伝に出場した富山商高から5人がメンバー入り。唯一の実業団選手の福居紗希(埼玉医科大G)がアンカーの可能性が高く、山本正樹監督は「我慢の駅伝になる。前半から順位を保ちたい」。三重はデンソーから4人がエントリーした。都大路の経験が豊富な池内彩乃(立命館宇治高―立命大出)が主将を務める。山本顕監督は「20位台前半を狙えれば」と話す。
 新潟は唯一の実業団選手の藤石佳奈子(しまむら)が昨年12月に5000メートルで今季の自己ベストを出すなど好調。八木さゆみ監督は「突出した選手はいないが、30位を切りたい」。岐阜はふるさと選手の大蔵玲乃(ノーリツ)、市川珠李(ヤマダ電機)が長距離区間を担う。「令和2年に2時間22分22秒を目標に」と塚中一成監督。福井は実業団の真柄碧(資生堂)、大同美空(岩谷産業)に加え大学生が主要区間を走る。堀真浩監督は「今年は大学生が元気。30位台に入りたい」と期待する。