京都市内最古級の町家とされた川井家住宅跡の発掘調査。室町期の建物柱穴や、近世に造り直した際の礎石などが見つかった(京都市中京区)

京都市内最古級の町家とされた川井家住宅跡の発掘調査。室町期の建物柱穴や、近世に造り直した際の礎石などが見つかった(京都市中京区)

解体前の「川井家住宅」。発掘調査で室町期から建物が存立していた可能性が高まった(京都市中京区、2018年6月撮影)

解体前の「川井家住宅」。発掘調査で室町期から建物が存立していた可能性が高まった(京都市中京区、2018年6月撮影)

 京都市内最古級とされた町家「川井家住宅」(中京区西ノ京)跡の発掘調査で、室町期に建てられ、桃山時代以降の近世に造り直した痕跡となる柱穴や礎石が見つかっていたことがこのほど分かった。マンション開発に伴い2018年に解体撤去されて失われたが、それまで約500年にわたって存立してきたとの伝承を裏付け、重要文化財級とされた京町家の変遷が分かる発掘成果という。


 川井家住宅は木造平屋建てで、洛西から丹波に多い農家型住宅の特徴を持つ。古代文化調査会(神戸市)が昨年12月まで跡地約320平方メートルを調べていた。
 調査地では東西7・6メートル、南北9・7メートルの住宅中心部の建物跡を確認した。地面に建物柱を直接埋めた12の柱穴(直径20センチ、深さ50~60センチ)のほか、すぐ脇に柱を据えた礎石も並び、同じ間取りで後世に造り直していた。住宅は応仁元(1467)年に建てられたと伝わっていたが、応仁・文明の乱(1467~77年)ごろの堀(幅2メートル、深さ1メートル)が敷地内で見つかり、これを埋めた後に築かれたとみられる。
 北野天満宮に仕え、室町期に酒麹(こうじ)業の権益を握った「西京神人(にしのきょうじにん)」の家系にちなみ、麹製造を行っていた痕跡もあった。
 これまでの関連調査では江戸期の正徳年間(1711~16年)に大幅に改築、文政13(1830)年に増築されたと記す棟札が見つかっている。建物柱などの年代を調べたところ、室町期や江戸初期の用材が混在していた。
 古代文化調査会の家崎孝治代表は「柱穴は応仁の乱後に建てた中世住宅の痕跡だろう。中国輸入磁器など桃山時代の遺物が周囲で出土し、桃山期以降に礎石建ちへ造り直したことが分かる。増改築を繰り返してはいるが住宅中心部は当初の間取りを踏襲し、柱も転用して、中世の形をできる限り受け継ごうとしていた」と話している。