神奈川を引っ張る堀。全日本実業団駅伝では3区区間賞に輝いた。(2019年11月、宮城県多賀城市)

神奈川を引っ張る堀。全日本実業団駅伝では3区区間賞に輝いた。(2019年11月、宮城県多賀城市)

 令和初となる皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝が12日、京都市内で開催される。47チームには今夏の東京五輪を見据える有力選手や期待の若手がエントリーした。チームの意気込みや特徴を紹介する。

■関東

 千葉は昨夏のユニバーシアード大会ハーフマラソン2位の加世田梨花(名城大)と同大会1万メートル3位の関谷夏希(大東大)の強力な大学生が2人そろった。ともに全日本大学駅伝で最長5区を走り、区間1、2位と実力十分。経験豊富な内藤早紀子(パナソニック)が主将としてチームを引っ張る。千葉の元監督で昨春に他界した小出義雄さんの遺志を継ぐ滝田輝行監督は「よい報告ができるように前回の5位以上には入りたい」と話す。
 3年連続入賞の神奈川は、全日本実業団駅伝3区区間賞の堀優花(パナソニック)を9区に起用する予定。日本学生対校選手権5000メートル、1万メートルの2冠を達成した佐藤成葉(立命大)や、昨秋の世界選手権3000メートル障害に出場した吉村玲美(大東大)もロードに強い。中学生に勢いがあり、安養寺俊隆監督は「入賞した過去3年を超えるタイムを出す」と意気込む。
 東京は、世界選手権1万メートル代表の新谷仁美(東京陸協)がエース。スタミナとスピードに定評がある市民ランナー山口遥(AC・KITA)も主要区間を走る予定で、中村孝生監督は「先頭から離れずアンカーにつなぎたい」と優勝を狙う。
 群馬は筒井咲帆(乙訓高出)らヤマダ電機勢や全日本実業団駅伝でアンカーを担った片貝洋美(三井住友海上)がエントリー。全日本大学選抜駅伝で好走した樺沢和佳奈(慶大)も力がある。「ベストメンバー。前半、出遅れないようにしたい」と永井聡監督は4年ぶりの入賞を見据える。
 茨城は、全日本実業団駅伝で優勝した日本郵政グループの高橋明日香と、チーム最年長の西野まほ(スターツ)が軸となる。鈴木達成監督は「2人を前半で起用し、流れをつくる」と展望を描く。
 山梨は、全日本実業団駅伝でルーキーながらエース区間の3区を走った小笠原朱里(デンソー)が中心。鈴木久雄監督は「5~8区でどれだけ粘れるかが鍵」と語る。埼玉は全国高校駅伝に出場した昌平高の選手らに勢いがあり、沢口功監督は「中高生を生かした区間配置となる」。高校生主体の栃木は40位台からの脱却を目指す。鈴木賢一監督は「一つでも順位を上げたい」と話す。