3年連続で宮城の主将を務める佐藤早也伽。全日本実業団駅伝でも力走した(2019年11月、宮城県多賀城市)

3年連続で宮城の主将を務める佐藤早也伽。全日本実業団駅伝でも力走した(2019年11月、宮城県多賀城市)

 令和初となる皇后杯第38回全国都道府県対抗女子駅伝が12日、京都市内で開催される。47チームには今夏の東京五輪を見据える有力選手や期待の若手がエントリーした。チームの意気込みや特徴を紹介する。

■北海道・東北

 宮城は全日本実業団ハーフマラソンを制した佐藤早也伽(積水化学)が3年連続で主将を務める。全国高校駅伝で優勝した仙台育英高からは7人がエントリー。同駅伝では小海遥ら3人が区間賞を獲得しており、実力者ぞろいだ。全国中学駅伝に出場した木村優香(増田中)ら中学生も勢いがある。釜石慶太監督は「若い力を発揮して、序盤から10位前後をキープしたい」と意気込む。
 福島は、故障で前回欠場した田辺美咲(三井住友海上)の復帰が心強い。田辺と同じくふるさと選手の小沢夏美(日立)がアンカーを担うことになりそうだ。全国高校駅伝に出場した学法石川高の5人にも期待がかかる。阿部縁監督は「全国大会の経験が豊富な選手がそろった。我慢強くつなげれば」と力を込める。
 北海道は、菅野杏華(エディオン)ら実業団と大学生が計5人エントリー。1500メートルの北海道中学新記録を更新した上西彩未(新川中)ら中学生も力があり、バランスの取れた布陣となった。阿部文仁監督は「一般の選手で前半をつなぎ、勢いに乗ってほしい」。
 秋田は、昨夏のユニバーシアード大会ハーフマラソンで優勝した鈴木優花(大東大)に注目。ルートインホテルズ所属の藤田正由加と萩野真紀がふるさと選手として出場する。児玉弘幸監督は「鈴木が1区で流れをつくり、どこまで粘れるか」と語る。
 前回19位と7年ぶりに10位台に入った山形は、ともに社会人1年目の武田千捺(ダイハツ)と佐藤明日美(ワコール)がふるさと選手として出場する。高橋政則監督は「飛び抜けたエースはいないが、チームの総合力で戦う」と決意を示す。
 岩手は全員が20歳以下の若いチーム。盛岡誠桜高出身の同級生である松山大の鈴木樺連、田川友貴が主要区間を担いそうだ。実業団選手はいないものの、大梶義幸監督は「大学生に力があり、チームを引っ張って欲しい」と期待する。
 前回45位から巻き返しを図る青森は、全国高校駅伝5位の青森山田高勢が充実。アンカーは矢部綾乃(城西国際大)が務める予定。大島健治監督は「前半に速い選手を起用する。臆することなく挑みたい」と力を込める。