暖かな日差しを浴びる梅の花(京都市上京区・北野天満宮)

暖かな日差しを浴びる梅の花(京都市上京区・北野天満宮)

 南から暖かな空気が流れ込んだ8日、京都市上京区の北野天満宮では早咲きの梅がちらほらと咲き、春の息吹を感じさせた。

 京都地方気象台によると、同市の最高気温は16・8度。平年より7・6度高く、4月上旬並みとなった。

 梅の名所として知られる北野天満宮では、昨年末に神職が開花を確認した。絵馬所前の寒紅梅や本殿裏の雲龍梅などが咲き始めており、雲間から顔を見せた太陽が花を照らすと、一層暖かみが増した。

 同天満宮には約50種1500本が植わり、2月上旬からは梅苑の公開も始まる。