北野天満宮で開かれた献茶祭

北野天満宮で開かれた献茶祭

 豊臣秀吉が1587(天正15)年に催した「北野大茶湯」に由来する献茶祭が1日、京都市上京区の北野天満宮であった。古儀茶道藪内流の藪内紹智十四代家元が、濃茶と薄茶を神前に供えた。

 宇治、山城、八幡など府内の8産地から寄せられた碾茶(てんちゃ)を元に、茶道の4家元2宗匠が毎年交代で献茶をしている。

 神職や茶道関係者たちが見守る中、紹智家元が濃茶を練り、薄茶を点てた。両茶は本殿と、秀吉を祭る境内の豊国神社に奉納された。境内には茶席が設けられ、大勢の参拝者でにぎわった。