ブルーイノベーションが参考出品した移動通信中継局搭載のドローン

ブルーイノベーションが参考出品した移動通信中継局搭載のドローン

 京セラは9日、ドローンを使って携帯電話の通信を可能にする「移動通信中継局」を、ドローン関連サービス事業のブルーイノベーション(東京)と共同開発すると発表した。2021年度の商用化を目指す。

 ブルーイノベーションは、複数のドローンやロボットを遠隔制御し、取得データを一元的に管理するシステムを提供する。このシステムと、京セラが開発中の無線通信ユニットを組み合わせ、ドローンに搭載する。

 震災や台風などで通信基地局が被災した場合や、電波の届かない山間部での利用を想定している。イベントなどで局地的に人々の通信が集中し、通信回線が混雑する場合の緩和にも役立てる。

 米国で開催中の家電IT見本市「CES」で、ブルー社が移動通信中継局搭載のドローンを参考展示した。今後は両社で第4世代(4G)の高速通信「LTE」と第5世代(5G)移動通信システムを用いた通信環境の実証に取り組む。