【資料写真】東尋坊(福井県)

【資料写真】東尋坊(福井県)

 滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)が昨年10月に福井県坂井市の東尋坊で遺体で発見された事件で、大津家裁は10日までに、殺人や監禁などの疑いで家裁送致された長浜市のとび職少年(19)ら計6人を検察官送致(逆送)とする決定をした。家裁は決定理由で、犯行の動機を「貸した金を返さないことに立腹した」などとした。
 他に逆送されたのは、滋賀県彦根市の無職とアルバイトの少年=いずれも(19)、滋賀県多賀町のとび職少年、大津市の通信制高校の男子生徒2人=いずれも(17)。起訴されれば、成人と同様に裁判員裁判で審理される。
 決定理由は、とび職少年(19)が犯行を主導、他の5人も積極的な暴行で徹底的に痛めつけ、嶋田さんを従属的な状態にしたとし、「非常に悪質で結果は重大」と指摘した。
 決定によると、長浜市神照町、とび職上田徳人被告(39)=殺人罪などで起訴=と共謀し、昨年10月17~18日、同市で路上に横たわらせた嶋田さんの脚を車でひくなどした上、車のトランクに閉じ込め東尋坊へ移動。嶋田さんに「はよ落ちろや」などと命令し、18日午後6時10~20分ごろ、東尋坊の崖から飛び降りさせ、脳挫滅で死亡させた。