「たかつキッシュ」を手にする木田勇士さん(右)、未来さん夫妻=滋賀県長浜市高月町・手づくり工房みゆう

「たかつキッシュ」を手にする木田勇士さん(右)、未来さん夫妻=滋賀県長浜市高月町・手づくり工房みゆう

 滋賀県長浜市高月町の洋菓子店が、県内で今年、度重なる被害をもたらした台風に耐えて育ったブロッコリー入りのパイ料理「キッシュ」を売り出した。高月にちなんで「たかつキッシュ」と名付け、「被災した地元農家を応援できれば」と願いを込める。

 木田勇士さん(35)、未来さん(32)夫妻が同町落川で営む「手づくり工房みゆう」。

 きっかけは、ケーキ用イチゴを仕入れるヨコタ農園(同町馬上)の台風被害。8、9月の台風20、21、24号で、イチゴ栽培などのビニールハウス9棟が全壊した。

 露地栽培のブロッコリーも強風と長雨で一部が変形した品を収穫した。品質や味は変わらないため「ど根性ブロッコリー」として売り出したことを勇士さんが知り、キッシュに使うことを思いついた。

 キッシュは、混ぜた卵や牛乳、チーズなどをパイ生地に流し込んで焼いたフランス北部ロレーヌ地方の伝統料理。たかつキッシュは、緑鮮やかなトッピングのブロッコリーがアクセントになっており、勇士さんは「愛情込めて育てた高月産ブロッコリーを味わってほしい」と話す。

 1個税込み324円で、1日約20個を販売する。水曜定休。