来館者に手を振るネズミ姿のダイバー(京都府宮津市・丹後魚っ知館)

来館者に手を振るネズミ姿のダイバー(京都府宮津市・丹後魚っ知館)

 今年の干支(えと)にちなみ、ネズミにふんしたダイバーが水槽内で餌やりするイベントが、京都府宮津市小田宿野の丹後魚っ知館で13日まで行われている。
 ネズミフグやホシエイなど約70種類、約400匹の魚を飼育する大水槽にネズミ姿のダイバーが登場する。訪れた親子連れらは水槽に近寄り、ダイバーに手を振るなどして見学。餌やりで魚が勢いよく食べると、「すごい」と声を上げるなどして楽しんでいる。
 祖母と弟と訪れた遷喬小2年の男児は「ネズミが餌をやっているところが面白かった」と話していた