大会を前に力走を誓う(左から)兵庫の田中、大阪の前田、東京の新谷、長崎の広中=ロームシアター京都

大会を前に力走を誓う(左から)兵庫の田中、大阪の前田、東京の新谷、長崎の広中=ロームシアター京都

 東京五輪での活躍を目指すトップ選手が都大路に集結した。すでにマラソン代表に決まっている前田穂南(大阪、天満屋)のほか、5000メートルで東京五輪参加標準記録を突破している田中希実(兵庫、豊田自動織機TC)と広中璃梨佳(長崎、日本郵政グループ)、1万メートルで同記録を上回った新谷仁美(東京、東京陸協)も元気な姿を見せ、力走を誓った。

■五輪代表決定 前田穂南(大阪)

     前田は五輪に向けた米国合宿から女子駅伝に出場するために9日に帰国したばかり。
大会後には再び米国へ旅立つ。今大会はスピード強化の一環として出場を決めた。「状態は走ってみないと分からないけど、いい刺激になれば」。自らへの期待感をにじませた。
昨年9月のMGCで圧勝し、一躍時の人となった。口調は穏やかながら芯の強い性格。年末にはハーフマラソンで自己新記録を出すなど成長を続けている。
都大路デビューを飾った前回(9区区間3位)を踏まえ、「今回の方が慣れている。しっかり走りたい」と笑顔。「五輪イヤー。金メダルを目指して頑張り、輝ける一年にしたい」

■5000mで標準記録突破 田中希実(兵庫)

 5000メートル日本歴代2位の自己ベストを持つ20歳のスピードランナー。田中は「体調は例年より上がっている。でも緊張しています」と率直に語った。
2019年は飛躍の年だった。初の世界選手権に挑み、予選で日本歴代3位の15分4秒66をマークし、東京五輪参加標準記録を突破。決勝ではさらに15分0秒01に伸ばした。
今回は自ら1区を志願した。過去3回走り、西脇工高1年で15位、同3年では5位、昨年は11位。「私は1区で勝てていない。悔しさを晴らすのは今しかない」。有力選手が並ぶが、「どんな展開になっても今の力をしっかり出して、自分の弱さから逃げないようにしたい」と静かに決意を語った。

■19歳、トラック種目有力 広中璃梨佳(長崎)

     前回まで4年連続区間賞を獲得した広中は、五輪イヤーで最初のレースを迎える。社会人となって都大路を走るのは初めてだ。
 長崎商高時代に台頭した逸材は今季も輝いた。国体で優勝、全日本実業団駅伝では1区区間新。19歳で東京五輪トラック種目の有力候補だ。指導する日本郵政グループの高橋昌彦監督は「特別な練習は全くしていない。ただ、彼女は練習もレースも集中力が格段に高い」と言う。
 年末年始は鹿児島県・徳之島で合宿し、東京五輪マラソン代表で所属先の先輩、鈴木亜由子らと走り込んだ。同監督は「最近になって東京五輪という目標を少しずつ話し始めた」。広中の胸には、夏への明確な目標が刻まれている。

■アンカー、不敵な笑み 新谷仁美(東京)

     「新年のごあいさつを込め、しっかり力を発揮したい。せっかくアンカーなので1位以外で回ってきたら、怪物のごとく前を追いかけますよ」。新谷は不敵な笑みを浮かべた。
9区の10キロは、東京五輪で出場を見据える距離だ。これまで同区の区間賞を4度奪い、前回も7人抜きした。ロンドン五輪で5000メートルと1万メートルに出場した第一人者は、2014年に一時引退したが、18年に現役復帰。昨年の世界選手権に出場するなど、再び輝きを放っている。
 31歳の今年は初めて主将を任された。気さくに後輩に話しかけ、チームをまとめる。「五輪がある年に東京チームが優勝するのは、私だけでなく、みんなが意識している」ときっぱり語った。