新クイーンに輝いた本多恭子さん(右)=大津市・近江神宮

新クイーンに輝いた本多恭子さん(右)=大津市・近江神宮

 競技かるたの日本一を決める「第66期名人位・第64期クイーン位決定戦」が11日、大津市神宮町の近江神宮で開かれた。クイーン位は、大津市のかるた愛好会「大津あきのた会」所属の会社員本多恭子六段(28)=兵庫県尼崎市=が、4年ぶり3度目の挑戦で頂点に立った。滋賀勢のタイトル獲得は初めて。名人位は「京都大かるた会」所属で塾経営粂原圭太郎名人(28)=京都市左京区=が初防衛を果たした。
 全日本かるた協会の主催で、競技かるた最高峰の大会。全国予選を勝ち抜いた挑戦者が、名人・クイーンに挑み、男女とも5回戦方式で3戦先取で競った。双方が最終5戦目までもつれ込む熱戦となった。
 クイーン位戦では、3連覇を狙ったかるた講師山下恵令クイーン(34)=東京都=に2連勝を許した本多六段が、3戦目から3連勝して逆転した。本多六段は「欲を出さず最後の1枚まで集中した。支えてくれた家族や、一緒に練習してきた滋賀や地元の石川県の仲間の応援が力になった」と喜びを語った。
 名人位戦は、5期ぶりの返り咲きを目指した会社員岸田諭八段(32)=京都市南区=が序盤に2連勝したが、粂原名人が王者の底力を見せ、勝利をもぎ取った。粂原名人は「岸田八段のおかげで強くなれた。名人の名に恥じないよう競技かるたの普及にも努めていきたい」と力を込めた。