バレーボールの第72回全日本高校選手権は12日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで決勝が行われ、男子の東山(京都)は3-0で駿台学園(東京)に快勝し、初優勝を飾った。全6試合ストレート勝ちの「完全優勝」で、京都勢の優勝は前回の洛南に続き2年連続。

 東山は第1セットを25-13と圧倒。第2セットはエース高橋藍主将の強打が次々に決まって25-20で取り、第3セットも25-15で押し切った。

 東山は京都選抜の主力を担って優勝した昨秋の国体に続く2冠を達成した。