京都府警南署

京都府警南署

 京都府警南署は13日、傷害の疑いで、京都市東山区、会社員の男(58)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、12日午前7時半ごろ、南区で乗用車を運転中、交差点で停車していた右京区の男性(52)のバイクに衝突して転倒させ、腰や背中に軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、男と男性は事件前、追い越しを巡って口論になっていたという。男は「驚かせようと思ってぶつけた」と容疑を認めている。

 男は事件後そのまま逃走し、約30分後に第二京阪道路の京田辺料金所で、停車中の乗用車に追突する事故を起こした。男の呼気から基準値を超えるアルコール分が検出され、京都府警高速隊が同日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、男を現行犯逮捕した。