「スーパーニンテンドーワールド」の一部を発表するJ・L・ボニエCEO(大阪市)

「スーパーニンテンドーワールド」の一部を発表するJ・L・ボニエCEO(大阪市)

今夏開業する「スーパーニンテンドーワールド」で導入されるウエアラブル端末のリストバンド(大阪市)

今夏開業する「スーパーニンテンドーワールド」で導入されるウエアラブル端末のリストバンド(大阪市)

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は14日、今夏に開業するゲーム大手、任天堂(京都市南区)の新エリア「スーパーニンテンドーワールド」で導入する技術や新たな体験の一部を発表した。

 エリア内は任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズの世界を再現し、「ハテナブロック」などおなじみのアイコンを配置する。来場者は専用のリストバンドをスマートフォンのアプリと連動させ、実際にジャンプしてハテナブロックをたたくとコインを集めることができるという。

 スーパーニンテンドーワールドは、今夏の東京五輪・パラリンピック前に開業する予定。USJの運営会社は「これまでにない『アソビ体験』と新たなテーマパーク体験を提供したい」としている。