リストバンドを着けてハテナブロックをたたくとコインが入手できる(大阪市、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

リストバンドを着けてハテナブロックをたたくとコインが入手できる(大阪市、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

 今夏、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市、USJ)に誕生する任天堂の新エリア「スーパーニンテンドーワールド」のアトラクションの一部が14日にUSJで発表された。リストバンド型のウエアラブル端末で、任天堂のゲームを現実世界で楽しめる創造性あふれるエリアとする計画で、運営するユー・エス・ジェイのJ・L・ボニエ社長は「革新性を届ける任天堂と協力し、あらゆる感情を呼び起こす体験が提供できる」と自信をみせた。

 任天堂が自社のゲームキャラクターなどを初めてテーマパークで活用する。USJは新エリアに600億円強を投じ、看板ゲームの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズに登場する「?」マークの「ハテナブロック」や「クッパ城」など、おなじみの建物とアイテムを再現。東京五輪・パラリンピックまでに開業する計画で、国内外から集客する。開業日は近く発表する。
 新たに導入するのが「パワーアップバンド」と呼ぶリストバンド型の端末。USJのスマートフォンアプリとバンドを連携し、ゲーム中のマリオのようにハテナブロックをジャンプしてたたくと、コインを獲得できる。全身を使ってコインや「キー(鍵)」を集め、敵キャラクターと対決して攻略する仕掛けだ。
 同日、USJで開かれたキックオフイベントでボニエ社長は、任天堂の宮本茂代表取締役フェローらと連携してスーパーニンテンドーワールドを開発していると説明。人気ゲーム「マリオカート」などのアトラクションも整備し、マリオ以外の展開も「将来的に考えている」(同社)という。開発を統括する山本歩マーケティング部長は「東京ディズニーランドが『夢の国』ならUSJは『目覚めの国』。刺激的で、人々の遊びの本能を解き放つことができる」と強調した。