解体工事が始まった富永屋(京都府向日市寺戸町)

解体工事が始まった富永屋(京都府向日市寺戸町)

 西国街道沿いに江戸時代から残っていた旧旅籠(はたご)「富永屋」(京都府向日市寺戸町)の解体が、14日に始まり、400年以上続いた歴史に幕を下ろした。保存できなかったことを惜しむ声や後悔の念。苦渋の決断への安堵(あんど)と寂しさ。富永屋最後の日は、さまざまな思いが交錯した。

 【午前8時ごろ】富永屋では、保存を目指して活動してきた総合地球環境学研究所研究員、真貝理香さん(53)=同市向日町=の姿があった。解体を惜しむように写真撮影を続ける。「富永屋は個人の所有物。残したい気持ちがなければ、私たちの活動は妨げになる。所有者の意向に寄り添いながら活動を続けてきましたが…。残念です」と語った。
 【同9時20分ごろ】解体業者が準備を始める。近くの女性(56)は「本当に壊されるんですね。市が文化財指定して残してほしかった」と惜しんだ。
 【同11時半ごろ】門扉の瓦が外され、部材を切断するチェーンソーの音が響く。壁の一部が倒される。
 【午後1時ごろ】所有者の須田茂徳さん(73)が姿を見せた。昨春に解体方針を決めて以来、存続策も検討してきた。自身の体調への不安や家族負担を考えた上での決断。「しんどい日々でした。いろいろ迷ったけれど自分ではよう維持せんからね。今は吹っ切れました」。そう話し、解体が始まった富永屋に近づく。「簡単につぶされんねんな」
 【同2時20分ごろ】重機が入る。門の壁をなぎ倒し、庭の木々を抜く。「止められませんでした。どこで間違えたのかな。あっけないですね」。所有者から委託され、10年間管理してきた寺崎正直さん(72)=同市寺戸町=は作業をじっと見つめた。「ここにいてもつらいだけですから」。そう話し、富永屋を後にした。
 【同4時半ごろ】この日の作業は終わった。