漬物とオリーブオイルの組み合わせを提案している試食コーナー(京都市左京区・大安本店)

漬物とオリーブオイルの組み合わせを提案している試食コーナー(京都市左京区・大安本店)

 漬物製造販売の大安(京都市左京区)は3日、千枚漬などの漬物にオリーブオイルを合わせる新提案を始めた。左京区の本店にオリーブオイルと漬物の試食コーナーを設けて人気メニューの投票も実施中で、今月下旬に結果を発表する。

 同社が漬物離れが進む現状を憂慮し、新提案で漬物を楽しんでもらおうと企画した。オリーブオイルをかけると、漬物がまろやかになり、オイルの香りも引き立つという。

 店頭では千枚漬をはじめ、しば漬、キュウリ、ゴボウの4種類の漬物を用意。スペイン産のエキストラバージンオイル「アロデン クラディウン」(1890円)をかけて試食してもらう。店頭ではオイルを使ったレシピも配布している。

 同社は、12月限定の「別樽仕込み千枚漬」(1080円)も販売中で、「オリーブオイルをかけた漬物ではやはり、千枚漬の人気が高い。ワインやパンにも合うのでぜひ試してほしい」としている。